にきび退治のための前提に!育ちやすい周期と言い切れるのは?

大人にきびがよく増えがちの年齢またはスパンには、ティーンエイジャーの他に月経前症候群が定番です。その一方で肌が荒れやすくなるという時期は、季節も実はしっかり関係していました。シーズンでは、ドッと汗をかく夏、保湿力が落ちる12月から2月が浮かびますが、実は他にもっと注意すべき気候があります。9月からだと、それまでの状況とはガラッと変わりますよ。湿気がなくなり始めて、日々肌が水分不足になる場合もあるほどです。保湿不足だことから、セラミドが枯れていってうるおいを維持不可能になるとのこと。外からくる強い刺激により、炎症に繋がってニキビが増えるカラクリです。秋では美味しい食べ物の多い時期です。意外なことに9月からがベストと考えられる味覚といったら、肌にいい栄養もまたいっぱい含むのだそう。具体的には柿ではビタミン類、秋に獲れる魚でしたらビタミンB群も多く摂取できるから、ブツブツの改善だけでなく、理想の肌になるためというのならば丁度いいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です